つわりは辛いもの!でも赤ちゃんはかわいい!!

つわりは辛いもの!でも赤ちゃんはかわいい!!

 

 

 

 

つわりはとても辛いものでした。
つわりは、妊娠してすぐ位から始まりました。最初はめまいがするようになり、家の中だけではなく外でも何度も倒れそうになりました。倒れそうになると、ガードレールにつかまったり、しゃがんだりとなんとか回避できました。しかし、妊娠6か月のころ1度倒れてしまい、垣根に助けられたことがありました。真冬でコートを着ていたのでケガはありませんでしたが、枝がチクチクして痛かったです。
めまい以外に吐き気にも悩まされました。1日中吐いていた時期もあります。2か月間続きました。吐いてから少し食べたり、飲んだりしながら、家の中でずっと過ごしていました。この頃ことはあまり覚えていません。吐き気は出産まで続きました。げっそしりて、結婚指輪が自然に指から落ちてしまうくらいでした。
つわりは、おなかに赤ちゃんがいると思うからこそ、我慢することができました。赤ちゃんに会えるのを楽しみに1日1日を過ごしていました。特に、夜になると気分が悪くなりました。熟睡できないので、毎日主人に手をつないでもらって寝ていました。それだけで、気持ちが落ち着いたのを覚えています。
そんな私でも、3,000グラムを超える赤ちゃんを出産することができました。今は、4人の子供のお母さんです。